駆け出しプログラマの求人探しに役立つ情報

メインメニュー

経験浅めの人の求人の探し方経験浅めの人の求人の探し方

LINEで送る
Pocket

経験が多くないプログラマ向けの仕事の探し方

プログラマが仕事を探す際、経験を積んできた人であればシステム全体を見渡せるため上流工程の仕事でも担当することができます。経験が多くないプログラマの場合、上流工程をいきなり担当することは難しいのですが、プログラマとしてはプログラム等の仕様の決定や設計といったスキルが要求される上流工程の仕事に携わりたいものです。いずれ上流工程を担当できるようになるためには計画性を持って仕事を探して経験を積むことが必要になります。そこでここでは仕事を探す際のポイントなどを紹介していきたいと思います。

上流工程に携わることができる求人を

今はプログラマとしての経験が浅くても、経験を積んでスキルを向上させて高い技術が求められる仕事をこなせるようになりたいものでしょう。ひとつの目標として、将来的に上流工程に携わることを目指してみることをおすすめします。経験が浅いプログラマが上流工程の仕事に携わるためには、上流工程の仕事ができる会社を選ぶことが必要になります。
せっかく会社に入っても上流工程に関わっていない所では上を目指すための経験を積むことが難しいのです。その会社で経験を積めたとしても、上流工程の仕事に携わるためには転職をする必要がでてきます。ですから求人情報を探す際には、上流工程の仕事を行っていると明記されているものを探す必要があります。

上流工程の仕事の探し方

上流工程の仕事を探すためには求人情報を掲載している転職サイトを利用することをおすすめします。転職サイトで上流工程の仕事を探すためには、検索機能を活用すると便利です。「上流工程」を検索ワードとして検索をかければ、多くの求人情報の中から上流工程に関係するものだけがピックアップされて表示されます。さらに希望する勤務地や、プログラミング言語、職種などで絞り込むことで希望に添った求人情報を表示させることができます。直請けの会社や自社でパッケージソフトを開発している企業は「上流工程」と書いてなくてもやってるところはありますので、「上流工程」を検索するだけでなく、パッケージソフトの開発を行っているかどうかなども調べてみることをおすすめします。経験の浅いプログラマでも採用されるには、見つけた求人の中から「経験の浅い方でも可」「未経験可」とあるものを選ぶと採用される可能性は高まるでしょう。

どういったサイトで探せばいいか

では経験の浅いプログラマはいったいどこで求人情報を検索すればいいのかということになります。ここではおすすめのサイトをいくつか紹介しますので、利用してみてください。ひとつのサイトだけでなく複数のサイトで検索したほうが自分に合った求人を見つけられる可能性が高まります。

<ドリームシアター>
まず紹介するのは「ドリームシアター」です。

エージェント付きですので、こちらの希望する条件などを伝えると人材紹介を行ってくれます。内定確立が高いところが魅力で、非公開求人も多く揃えています。経験の浅いプログラマでも挑戦する環境を準備してくれます。

<JIET>
次に紹介するのは「JIET」です。

ぜひ登録して活用することをおすすめします。

<イマジカデジタルスケープ>
最後に紹介するのが「イマジカデジタルスケープ」です。

3分程度で登録ができ、自分の経歴などを登録するとそれに合わせて仕事が紹介されるようになっています。70%は非公開求人ですので、こちらも実際に登録してみて求人探しをしてみてください。

いま読まれている記事

狙い目のWeb系
狙い目のWeb系

Web系プログラマはインターネット関連の仕事ということで大変魅力的に感じる方は多いかと思います。現在、仕事の需要があるのに対応できる人があまりいないため求人募集が多くあります。プログラマとしての経験のあまりない人でも可能なところが多いので、経験の浅い人がプログラマとしてデビューするのにもってこいと言えます。Webプログラマは基本的にはシステムエンジニアの仕様書に従ってプログラミングをしていくのが仕事ですが、仕様の設計やプロジェクトの管理を行うこともあるためやり甲斐のある仕事と言えます。

勉強する気があるかどうか
勉強する気があるかどうか

プログラマになるためにはプログラミングの才能が必要なのではと思われる人は多いかと思います。しかし実際はプログラマになるはプログラマの才能は必須ではなく、むしろ努力することが重要となる職業です。プログラミングのスキルをアップさせるためにはコツコツと勉強する必要があります。なぜならプログラムが必要となる環境は常に技術が進歩していますので、プログラマもそれに対応できるように日々勉強をしなければならないからです。勉強をする気があり、継続できる人こそがプログラマとしてやっていける人と言えるでしょう。

採用されるための心得
採用されるための心得

企業が未経験のプログラマを採用する際にチェックしているポイントを紹介します。これらはプログラマとしての素質とも言えるでしょう。まず、プログラマは常に勉強をして新しい知識を身に付ける必要があります。そのためは勉強する努力を継続できる必要があります。継続のためにはやる気があることも大事です。また、自分から積極的に調べることができ、そういった努力を好む人が向いています。プログラマは要望を聞きながら仕事を進めるのでコミュニケーション能力も必要です。習得の時間を考えると若いほうが良いと言えます。

ページトップ